<< 伊勢監督 亘理町へ | main | 作品紹介/「大丈夫。」 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2015.12.26 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    作品紹介/「風のかたち」

    0


       

       「再生」

      10 年前の夏、私は小児がんと闘う仲間達の一群と三浦海岸で出逢いました。
      細谷亮太医師(小児科・聖路加国際病院副院長)をリーダーとする、
      SMS サマーキャンプに撮影スタッフと共に参加したからです。


      そこには、病気を克服し、社会の小児がんに対する偏見や差別を跳ね返そうともがく子ども達がいました。


      小児がんはもう、不治の病ではありません。
      現在、全国におよそ2 万5 千人いると言われる小児がん患者の10 人のうち、8 人までもが治っているのです。確かに、一時代前まで、死に至る病として恐れられていたのですが、医学の進歩は、20 世紀後半から、小児がんを“治る病気”に変えたのです。
      恥ずかしいことに、私がそうした事実を知ったのも、キャンプに参加してからです。


      以来10 年、私は毎年のキャンプにカメラと共に参加し、
      小児がんと闘う仲間たちに寄り添うように、彼らの悩みや夢の肉声に耳を澄ませ続けてきました。
      そして、毎年のキャンプの記録を年に一度、キャンプの参加者だけに観てもらう映画制作を繰りかえしてきました。


      「10 年間、記録を続けてみよう・・・劇的に変化し続ける小児がん治療の只中で、子ども達の心の側に立って映像を記録することは、大きな意味があると思う」

      細谷医師をはじめとするSMSキャンプスタッフと私の考えは一致していました。


      そして10 年。
      10 年間の記録は、子ども達の蘇る命の力を見届け、成長を見守る「再生」の物語
      となりました。


      「命を救ってもらったお返しのつもりで
      私は、困ってる人や弱い人を助ける仕事をしたい・・・」
      と夢を語っていた少女は看護師になり、
      「子どもが欲しい・・・」
      と切実に吐露していた骨髄移植体験者が無事、
      母親になる姿を記録することが出来ました。
      「学校の先生になり、小児がんや難病のことを子どもたちに知って欲しい・・・」
      という願いを胸に他界してしまった仲間もいます。

      家族や仲間たちの心の中に、その子の想いは生き続けていることも記録しました。


      カメラは子どもたちだけでなく、医療の現場で、
      ずっと子ども達を見守り続けてきた細谷亮太医師の10 年間をも記録しました。
      小児がんの子ども達をサポートする前線で自分自身にも語りかけるように、
      「大丈夫。」とつぶやく命へのやわらかな、しかし強い眼差し。
      「子どもは死んじゃいけない人たちだからね」
      カメラに語りかけたこの言葉こそが、この10 年の記録、この映画の立ち位置です。


      10 年間の歳月が語りかける、小児がんと闘う仲間達の生きる力・・・
      それは不断に蘇る命そのものの力ではないでしょうか。
      定点撮影のようにキャンプに通い、時間をかけて、ひとりひとりの命を見続けるこ
      とで見えてきた「再生」という希望。


      小児がん患者や体験者を、悲劇の主人公ではなく、「再生」のシンボルとして描いたこの物語は、ただ難病を扱ったドキュメンタリーという枠にとどまらず、命の尊さ、生きる意味を問いかけ、心が病んだ時代としばしば言われる私達の社会に、希望をメッセージするに違いありません。


      偶然のように始まった撮影ですが、今、この作品は私にとって、社会にとって、必然であると確信します。



             


      作品制作の背景

      「テレビドラマでは白血病って絶対死ぬじゃないですか。
      今では白血病は治ってるのに、いつも死んじゃうんですよ、ドラマでは。
      白血病=死、白血病=ばい菌、みたいなイメージが定着してしまってるん
      です。だから友だちに知られるのも怖いんです」

      10 年前のキャンプのお話し会で、ある小児がん体験者が口にした言葉に、参加者たちは大きく頷いていました。


      同情を示すような姿勢を見せながら、小児がん患者たちを悲劇の主人公にまつり上げる内容の、ドラマやドキュメンタリー、小説、漫画等が偏見や差別を助長して来たように思います。
      感動を売り物にしようとするあまり、10 人のうち8 人までもが治るようになったという事実に眼を向けようとしない、興味本位の姿勢に影響された世の中の眼差しが、どれだけ当事者やその関係者を苦しめているか。


      どうしたら、差別や偏見は無くなるのでしょう・・・
      小児がん体験者に限らず、他の難病や障害を抱える人たちの悩みも同じはずです。


      10 年間に渡って、基本的には非公開で撮り貯めてきた私たちの映像を、今の時点で観てもらおうという意図のひとつは、小児がんの患者さんや体験者の存在と声を、ひとりでも多くの人々に知ってもらいたいという切実な想いがあるからです。
      たとえ時間がかかっても、主に自主上映のような手段で丁寧に観てもらうことで、理解を深めるための一助としたいと思います。


      “悲劇”ではなく“事実”を見つめ、ポジティブに病気を捉え直していくこと。
      それは、小児がんを闘う仲間たちの側に立つということでもあります。



      −伊勢真一監督(「風のかたち」HPより抜粋)
      http://www2.odn.ne.jp/ise-film/ise2/kaze.htm



      スポンサーサイト

      0

        • 2015.12.26 Saturday
        • -
        • 09:13
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座